2月11日 バレンタインデー 礼拝


教会の中は、赤色とピンク色のバラやハート、そして愛という言葉に飾られた中、バレンタイン礼拝と交流会のイベントが行われました。

リフェル牧師による神様からのメッセージでは、神の愛について学びました。この世の愛は、ロマンスやその時の感情的な好きというものを押し出しておりますが、聖書の中での愛は、違いました。自分を犠牲にして自分の必要を考えず、身の回りの人を助けたり喜ぶことをすることで、他人の必要をしたり考える事であったり、意見の違うことを言われても寛容性を持つことであると言われます。(1コリント13:4~7、1ペテロ2:21~23、1コリント13:5、エペソ5:25、マタイ22:39、箴言13:10)

愛する!!決心がクリスチャンにも必要であることを学びました。イエス様は、私達を暗闇から、そして永遠の地獄から救うために、この世に体を持って来られ、全ての犠牲を払い苦しまれ、十字架で死なれ成就してくださいました。イエス様は更にアガペの愛を模範として示してくださいました。

神様は次のことを私たちに命じてます。心を尽くして、力を尽くして、知恵を尽くして神様を愛し、そして隣人を愛すること。

リフェル先生、準備をありがとうございました。礼拝の中では、レディースによって、特別賛美され、聖書の愛の箇所も読まれました。ありがとうございました。

礼拝が終ると、皆楽しみにしていた御馳走を頂き、会話やゲームをして交わりの時を持ちました。今回の御馳走はキャサリン姉とエイプリル姉によって監修され準備がされました。ありがとうございました。ミートローフ、マッシュポテト、色とりどりの野菜、パン、フルーツ、デザート、ジュース、クッキー、アイスクリーム、チョコレートそして、”愛”と名付けられたコーヒーを頂きました。

また多くの兄弟姉妹によって、準備や片付けがされ、スムーズに進行することができました。そして、盛大に神様の愛を祝うことができました。ありがとうございました。

ゲームは、2人1ペアでお互いのことをどれだけ知っているか!を行いました。”相手の好きな色は?”から始まり、難しいのは、”相手の好きな聖書の箇所は?”まで問われ、他のペアと競いました。

Featured Posts
Recent Posts